公開  24
会員用 1872

会員登録
ログイン
  • 物件検索
  • 戸建
  • 売マンション
  • 売土地
  • 収益物件
  • 賃貸
ご成約済み物件
お問い合わせ
ブログ
トレック
愛知県宅地建物取引協会
リノベーション協議会
cool&choice
Fun to Share
スタッフブログ
ローンのもたらした恩恵

カーライフローン

カーライフローン




皆さんいつもお立ち寄り頂き、ありがとうございます。
今日の名古屋は朝から生憎の雨模様となっています。
オマケに、風も結構強く、外に出るのが憚られる最低の一日となっています(と言いながら、外に出ていましたが)
昨日夕方、15年来のお付き合いのある某大家さんが来社され、久々と言う事もあり、延々3時間もおしゃべりされてお帰りになりました。


その中で、ローンの話題が出たのですが、なるほどと思えるフシがありましたので、簡単にご紹介します。


ローンは、言う迄も無く、人類最古の商売の一つです。
日本でもその昔は頼母子や無尽講等の庶民金融があり、無尽講は後の相互銀行の前身でもありました。
でも、住宅や車のローンについては、日本に於いては1960年代に当時のプリンス自動車(後の日産)が提供したのが最初の様です。
車は、高額商品でしたので、ローン制度は普及には必要だったんでしょうね?


丁度高度成長期と重なる車のローン。そう言えば、新興諸国のモータリゼーションの裏では、現地での自動車ローン会社の設立とついになっている様に見受けられます。
最近では、自動車ローンも低利化が進み、時に1%を切る様な金利も見られます。
昔は「アドオン」と言って、ローン期間中常に最初の残高があるものとして金利を計算する様な悪質の制度もありました(主に信販会社が提供)。


一方の住宅ローン。


日本では100年以上の歴史があるとされます。
30年程前までは、住宅ローンと言えば住宅金融公庫がその代表格で、長期低利で貸し出しをしていました。でも、その後ご承知の通り住宅金融公庫は無くなり、住宅金融支援機構と言う名前の独法と姿を変えてフラット35の受け皿機関になっています。


バブル期には、住宅金融専門会社(いわゆる住専)が幾つも立ちあがり、公庫や銀行では足りない。借りれない人々に高利ではありましたが(当時年利10%以上)ローンを提供していたものです。
こちらも最近では変動金利ではありますが、年利1%を切る商品を提供する銀行もあり、低金利時代を象徴する様な状況となっています。


なにやらローンの歴史のお勉強の様になってしまいましたが、高額商品を普及させる為には、どうしても必要なローン。
確かに、ウン千万もする不動産を、現金でしか買えないとしたならば、現在の住宅の1%も普及していないかも知れませんね?
車にしても、場合によっては1千万円オーバーもする様な商品ですから、自動車ローンが無ければ普及は大幅に少なかったと思われます。


私個人としては、住宅ローンはともかく、自動車ローンはどうしても抵抗があります。
調達資金が比較的少なく(200~500万円程度)、期間が短い(3~7年程度)為、その程度は現金を貯めて買いたいと思ってしまいます。
それでも、ディーラー各社がこぞってチラシに低金利を謳っていると言う事は、かなりの方がローンを選択しているのだと思います。


日本経済がここ迄発展した背景には、ローンの存在は非常に大きかったと言えるのではないでしょうか?


当社Facebookページも公開しております。→【こちら】




☆秀逸な市場分析、数多くのスタッフブログがご覧になれます☆
suureal logo


ブログランキング参加中!!

皆様の一押しが励みになります♪
  (↓↓こちらをカチッとね^^)


FC2ランキングバナー


にほんブログ村 住まいブログへ


お陰さまで! 33万ヒット達成!
ありがとうございます!!!・・・






投稿日:2011年11月19日
2017年11月
« 10月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 
東海ホームテック